採用活動と人材育成を支援するnib.

プロフィール文の長さはどれくらいがいいの?に対するわたしの考え

主にわたしのような個人事業主やフリーランスの人が、営業するための必須アイテムとも言えるプロフィール文。

どれくらいの長さで書くのがいいのかなあ? 長すぎると読まれないし、短すぎても情報不足になりそうだし……

今日、個人事業主の友だちとそんな話になったことをきっかけに、わたしの意見を書いておきたいと思います。

わたしは、「誰を対象としたどんな仕事をしているか」と「どこに載せるのか」によると考えています。

例えば、カウンセラーやメンタルコーチのような相手の内面に深く入り込む職業の人は、人柄やバックグラウンドが重要になるので、自分のルーツやその仕事をするきっかけになった経験などをストーリー調で詳しく書いていったりするといいと思います(必然的に長くなります)。

企業を対象とした堅めの職業であれば、実績や経歴を具体的かつ簡潔に表すことで信頼感につながるでしょう(実績や経歴がたくさんあればそのぶん長くなってもいいけれど、基本的に短くなるはず)。

パンフレットやチラシに載せることが多い人は、スペースが限られているので短めの文章を用意しておくと便利です。名刺に載せるのにもいいかも。

自身のWebサイトなら、TOPページに短めの興味をひくようなものを、階層下のページにもっと知りたい人のための長くて詳しいものを載せておくといいかもしれません。

プロフィール文の長さや文体、きっと「これが合っている」は一人ひとり違うのだなあと思います。

そのため、わたしがプロフィール文執筆をお引き受けする場合は、その方がどんな人を対象としたどんなお仕事をしていて、そのプロフィール文はどこに載せたいのか、どんなふうに使う機会が多くなりそうなのか、詳しくお聞きしていきます。必要に応じて「このくらいの長さがあったほうがいいのでは」「こういう文体が、あなたのお仕事の場合には合いそうですよ」などご提案もさせていただきます。

一人ひとりに合わせたサポートをすることで、その人ならではの強みや魅力を伝えたい人にしっかり伝えるお手伝いができたら、それほどうれしいことはありません!

(個人の方を対象としたプロフィール文作成、裏メニューです。希望される方は個別にご連絡くださいね)

--
コンサルティングオフィスnib.
電話番号 080-2741-8913
Email nib@kitamuraakari.com
(受付時間 9時~21時/定休日なし)
https://kitamuraakari.com/

北村朱里への仕事のご依頼・ご相談は下記からお気軽にどうぞ
お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

会社名

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

都道府県 (必須)

お問合せ内容

Related Posts