カテゴリー別表示

求人票の「仕事内容」欄に仕事内容を書いたらダメなの?!~nib.の研修・人材コラム(仮)vol.16~

こんにちは! nib.の北村朱里です。今回は求人文章の書き方についてのお話。ハローワークの求人票の「仕事内容」欄に仕事内容を書いたらダメなの?!

答えは、半分Yesで半分No!

「仕事内容」欄なので、もちろん仕事内容に関することを書くべきです。しかし、それが単なる「仕事内容の説明」になっていたら、それを見た人は実際に自分が働く姿をイメージできず、応募につながりにくいかもしれません。

仕事内容欄は、仕事内容を説明する欄ではなく「仕事内容に興味を持ってもらうための欄」と考えてみてください!

どういうふうに書けばいいのか……スポーツジムの事務スタッフの求人を例に、Before→Afterをつくってみました。

■Before(仕事内容を説明しているだけ)
スポーツジム運営に関わる事務作業
・電話とネットを介した予約受付業務
・会員情報の管理
・インストラクターの補佐
※未経験可

■After(仕事内容をイメージできる、興味が持てる)
【未経験歓迎!】キレイなスポーツジムで事務デビュー
こんなお仕事を担当していただきます
・会員さんからの電話予約受付
・パソコンを使った予約受付や会員情報の入力
・インストラクターのお手伝い(レッスンに必要な物を運ぶ、テキストを印刷するなど)
※スポーツに詳しくなくても大丈夫です
※事務が初めてでも先輩が丁寧に教えます

こんなふうに少し噛み砕いたり、具体的な作業内容を示したり、働くメリットを付け加えたりするだけでも、興味を持ってもらえる求人票になります。

——

📣nib.では採用コンテンツ作成・研修のご依頼・人材育成に関するご相談を受け付けています。新入社員研修のご依頼も歓迎です。まずはお気軽にメッセージをください! 企業・自治体からの初回相談は無料です。

過去の事例はこちら

https://kitamuraakari.com/works/category/teacher/

——